Welcome to Taiyo nursery school homepage....
社会福祉法人太陽福祉会太陽保育園
   
  1つ前のページに戻る.  
立腰保育
 
 太陽保育園では、立腰保育に取り組んでいます。立腰とは、字のとおり腰を立てる(腰骨を立てる)という意味です。腰骨を立てるというのは、次のようにします。(写真①)
(写真①) ➀まず、お尻をうんと後ろに引き
➁次に、腰骨の中心をうんと前へ突き出す。
➂胸や肩の力をぬき、やや腹に力をこめる。

腰骨というのは、私たち人間の体の大黒柱です。このような姿勢を続けることによって、下記のようなことが身につきます。
■ 立腰(腰骨を立てる)の十ヵ条 ■(森 信三先生のご提唱より)
① やる気がおこる
② 集中力がでる
③ 持続力がつく
④ 内臓の働きがよくなる
⑤ 頭脳がさえる
⑥ 行動が俊敏になる
⑦ バランス感覚がするどくなる
⑧ スタイルがよくなる
⑨ 勉強がたのしくなる
⑩ 成績もよくなる<
(2歳児)
(5歳児)
 腰骨を立てるということを身につけることが苦手なことになるのではなく、心地よく自然に身についていって欲しいというのが願いです。日々のちょっとした心がけで子どもたちは非常に早く自然に身につきます。
 
トップページへ戻る 
当園ホームページ掲載の本文・画像の無断使用はご遠慮下さい。
 
  〒640-8432 和歌山市土入284番地の12  TEL:073-455-3300 FAX:073-455-3321
copyright (c) Taiyo nursery school All right reserved.